マンガ製作は専門学校で

マイクの先端部

近年、日本のマンガ文化は世界中に羽ばたき、国内だけではなく各国の注目を集めています。マンガ家の持つ社会的な地位も向上しており、アイドルのように憧れている人達も少なくありません。 そんなマンガ家を将来の夢として目指すなら、まずは専門学校に入学して必要な技術を学びましょう。専門学校にはマンガ制作の現場にいたプロや編集者が在籍しており、生きた知識と技術を伝授してくれます。 現在日本国内には多様なマンガ専門学校が存在していますが、入学する学校を決める場合、単なる作画技術だけではなく、ストーリーテリングを教えてくれる場所を選びましょう。作画技術は努力とセンスさえあれば自然に身につくものですが、ストーリーテリングには時代に応じた方法論が必要です。 ドラマを作る上で必要な知識を教えてくれる専門学校を探しましょう。

専門学校への入学を考える場合、気になるのが相場の問題です。 専門的な技術を学ぶ場合、お金がかかると言うイメージがありますが、実際にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。 マンガ専門学校で必要な費用は入学金や授業料など様々なものがありますが、基本的に一年目は150万円ほどかかるのが相場です。 一年目は入学金がありますのでこの価格ですが、二年目は120万円と安くなります。 こうしたお金はマンガ以外の専門学校でも同程度必要になりますので、大差はありません。 一方これらは「相場価格」であり、マンガ専門学校によっては一年目に68万円、二年目に56万円しかかからない学校もあるのです。 出来るだけ安価な学校に入学したい場合、このような学校を探すと良いでしょう。